DMM FXはスキャルピング非推奨!口座凍結の可能性や他の業者も解説

DMM FXでスキャルピングってできるの?

口座凍結されるのって本当?

スキャルピングを公認しているFX会社はないの?

このような疑問をお持ちではありませんか?

実際にスキャルピングを実質禁止しているFX会社でスキャルピング取引を行ってしまい、口座を凍結されてしまったという声は後を絶ちません。

DMM FXも実質、FXを禁止しているFX会社の1つです。

今回は

  • FX会社がスキャルピングを禁止する理由
  • DMM FX以外のスキャルピング事情
  • スキャルピングを公認しているFX会社

について解説していきます。

この記事を読めば、スキャルピング取引で儲ける上での注意点が理解できるでしょう。

ぜひ最後までお読みください。

DMM FXはスキャルピング自体を禁止していない

DMM FXはスキャルピング自体を禁止していない

DMM FXでスキャルピングが禁止されているという声はよく挙がっています。

しかし、実際のところはDMM FXはスキャルピング取引自体を禁止しているわけではありません。

とはいえDMM FXの約款では、スキャルピングのような短期間に売買を繰り返す取引を禁止しているのも事実です。

DMM FXのスキャルピングに対する立場について詳しく見ていきましょう。

約款で短時間の注文を繰り返す行為を禁じている

DMM FXは公式にスキャルピングの禁止を明言してはいないものの、実質スキャルピングを禁止するような約款を取り決めていることは事実です。

第7条 (禁止事項)

1 お客様は、お客様が次の各号に定める行為を行ってはならないことに予め承諾することとします。なお、お客様の行為が当該禁止行為に該当するかどうかの判断は当社が行い、お客様は当社の判断に従うこととします。

(中略)

(9) 短時間での注文を繰り返し行う行為

参照:店頭外国為替証拠金取引(DMM FX)約款

短期間で注文を繰り返すような取引は禁止となっているため、これはスキャルピングを禁止しているも同然です。

ここでポイントになるのは、どの程度の時間内に何回取引したら禁止取引に該当するのかです。

スキャルピングの定義に関わる部分となるため、気をつけておくべきだといえます。

短時間の定義は公表されていない

スキャルピングとは、分単位や秒単位の短期売買を指す言葉です。

DMM FXは禁止事項に該当するスキャルピングの定義については公表していないのが現状です。

つまり、常識の範囲内でトレードするしかないという曖昧な状態になっています。

スキャルピングをメインの取引手法として採用しているトレーダーはDMM FXでの取引は避けた方が良いでしょう。

何回までという定義もない

短時間の定義が公表されていないのと同じように、何回までという定義も知らされていません

売買の回数が多くなればなるほど、禁止行為に引っかかる可能性は高くなるもののその線引きは明確なところは分からないのが現状です。

超短期売買を繰り返されることによってFX会社が被る不利益が、禁止行為かどうかの判断基準に関係があるといえます。

なぜ、DMM FXのようにスキャルピング的手法を嫌うFX会社があるのかどうかについても、後ほど詳しく解説します。

DMM FXではスキャルピングをしない方がいい

DMM FXではスキャルピングをしない方がいい

結論からいうと、DMM FXでスキャルピングを行うことにメリットはないでしょう。

DMM FXは業界大手であり、スプレッドや取引手数料などのさまざまな点においても優れたFX会社であることは確かです。

しかし、スキャルピングをして口座凍結されてしまっては元も子もありません。

もしスキャルピングをするのであれば、超短期売買が禁止されていないFX会社で取引をすることをおすすめします。

口座凍結の可能性は十分あり得る

DMM FXでスキャルピングに近い取引をして口座凍結されてしまったという声は後を絶ちません。

信頼のおけるFX会社であるため、ルール面においても厳しく取り締まられている特徴があります。

DMM FXは使いやすいFX口座を提供しているため、取引上のルールを守り口座凍結はされることは避けましょう。

DMM FXで口座凍結された人の声

実際にDMM FXで口座凍結されてしまった人の声です。

DMM FXの口座は使いやすかったという声も挙がっているように、優秀なFX会社であることは確かです。

口座凍結されないよう気をつけましょう。

ビットコインやCFDでに凍結の危険性あり

FXのみならずビットコインやCFDにおいても超短期売買は禁止行為とされています。

特に秒単位で売買を繰り返すような極端なスキャルピングはかなりの確率で口座凍結されるでしょう。

DMM FXのみならず、FX会社の取引ルールはきちんと確認した上で取引に望むようにしましょう。

FX会社がスキャルピングを禁止する理由

FX会社が超短期取引を嫌う理由を詳しく解説します。

売買の回数が増えれば増えるほどスプレッド分がFX会社の利益になるため、トレーダーのたくさんの回数取引することは、FX会社にとって嬉しいことのようにも見えます。

しかし、実際は短期間に注文が集中することで生じる不具合が存在するのです。

サーバーに負荷がかかるから

短期間にたくさんの取引注文を出すスキャルピングはFX会社のサーバーに負荷をかけることにつながります。

サーバーへ負荷がかかってしまうと注文が通るスピードが下がりスリッページが大きくなる原因になりかねません。

スキャルピング取引をするトレーダーの数が多くなるとより約定率も下がり、トレーダー全体の不利益にもつながります。

そのため、スキャルピングを実質禁止としているのです。

カバー取引ができなくなるから

FX会社は個人トレーダーから注文が入った直後に、インターバンク市場に注文を出しています。

この方式はDD方式と呼ばれ、カバー取引とも呼ばれます。

スキャルビングのように取引の頻度が高くなると、カバー取引の処理が間に合わなくなる可能性が出てきます。

仲介取引がうまくいかなかったときに生じる損失はFX会社が負担することになるため、超短期売買を禁止するのです。

DMM FX以外の業者のスキャルピング事情

DMM FX以外の業者のスキャルピング事情

DMM FX以外にもスキャルピングを禁止している業者は存在します。

各会社のスキャルピングとする判断軸や禁止行為の取り締まり方はどのようになっているのでしょうか。

ここでは

  • FXTF
  • OANDA
  • SBI FXトレード
  • 外為ジャパン

以上4社のスキャルピングに対する対応の仕方について紹介します。

FXTFはスキャルピングすると警告が届く

FXTFにおいては、口座凍結する前に警告が届くシステムになっています。

いきなり口座凍結されない分、良心的だと言えるでしょう。

また、FXTFは超短期売買の目安についても解答しています。

  • エントリーから決済までの時間が30秒~1分以内
  • エントリ-を30秒~1分以内に何度も繰り返す

このような取引が見られた場合に、警告が送られそれでも改善しなかった場合に限り口座凍結されるという流れです。

OANDAもスキャルピングで凍結の可能性あり

OANDAはDMM FXやFXTFよりはスキャルピングに対して寛容な姿勢を取っています。

とはいえ、秒スキャのように秒単位での取引をメインにする場合は口座凍結の可能性が出てきます。

スキャルピング自体は禁止事項とはしていません。

しかし、サーバーに負荷をかけたりカバー注文が追いつかないようなスピードで取引を繰り返したりした場合は口座凍結されるでしょう。

とはいえ、エントリーから決済まで30秒以上あけるような一般的なスキャルピングであれば口座凍結される可能性は低いFX会社です。

SBI FXトレードもスキャルピングで口座凍結される

SBI FXトレードもDMM FXと同じくスキャルピング禁止を公言していないものの、規約で間接的に禁止されています。

その理由は、サーバーに対する負荷の観点とカバー取引の観点の2つです。

最近はSBI FXトレードで口座凍結されたという口コミは少ないものの、口座凍結の可能性は0ではありません

スキャルピングをする際はSBI FXトレードを用いるのは避けた方が無難だと言えます。

外為ジャパンも遠回しにスキャルピングを禁止

外為ジャパンは2022年4月9日を持って、DMM FXに統合されます

そのため、スキャルピングに対する立場もDMM FXとほぼ同じです。

スキャルピングの定義についてもDMM FXと同じく明確な基準は公表していませんが、スキャルピングを積極的に使えないFX会社であることは確かです。

スキャルピングができるFX会社はない?

スキャルピングができるFX会社はない?

日本のFX会社でスキャルピングが許されているFX会社は存在しないのかという疑問が持ち上がるでしょう。

日本のFX会社にもスキャルピングを公認している会社は存在します。

今回はスキャルピングを公認している会社の中でも代表的なみんなのFXについて解説しています。

みんなのFXはスキャルピング公認!

みんなのFXはスキャルピングを禁止していません。

そのため、DMM FXのようにスキャルピング取引による口座凍結の心配は少ないと言えるでしょう。

しかし、他の顧客の取引に影響を与えるほど負荷のかかる取引を行った場合は、約款に引っかかる可能性が出てきます。

とはいえ、よほど極端な注文をしない限り約款に抵触する可能性は低いでしょう。

スキャルピングの取引が約款に抵触する可能性があると判断された場合は、口座凍結の前に警告が届くので一発アウトになる可能性も少ないです。

その他のスキャルピングを公認している会社については、以下のページをご覧下さい。

FXのスキャルピングは口座凍結になる?ダメなFX会社も併せて解説

スキャルピングに関するよくある質問

最後にスキャルピングに関するよくある質問にお答えしていきます。

スキャルピングは為替取引の中でもリスクが高い取引手法になるので、敬遠されている手法でもあります。

しかし、スキャルピング取引で利益を上げているトレーダーが存在するのも事実です。

スキャルピングとはどのような取引なのか、さまざまな角度から見ていきましょう。

スキャルピングに向いている証券会社の特徴は?

スキャルピング取引に向いている証券会社の特徴は以下の3つです。

  • 約定力
  • スプレッドの幅
  • 取引ツールの利便性

スキャルピングは短期売買になるので少しのスリッページも利益や損失に大きな影響を与えます。

そのため約定力はスキャルピングをする上で欠かせません。

また、取引回数が多くなるスキャルピングにおいてスプレッド幅はコストとしてかさんでいきます。

つまり、スプレッド幅が小さければ小さいほどコストを抑えた運用が可能になるのです。

最後に取引ツールの利便性についてです。

スキャルピングは他の取引手法とは違い、秒単位のずれが大きな差額を生み出す取引です。そのため、決済やエントリーを決断してからクリックするまでの時間も影響を与えます。

取引ツールが使いにくい場合は、操作に迷って時間をロスしたり操作を誤って誤発注をしたりする原因になりかねません。

取引ツールはできるだけ使いやすいものを選びましょう。

実際スキャルピングって儲かるの?

スキャルピングは相場の動きに慣れてしまえば儲けやすい手法だと言えます。

その基礎となるのがテクニカル分析で、テクニカル分析が深いレベルまでマスターしているトレーダーがスキャルピングで成功する傾向にあります。

つまり、ある程度FXの相場の動きに詳しくなっておく必要があるためFX初心者がいきなりスキャルピングに手を出すと損をする可能性が高くなります。

とはいえ、初心者でもきちんと学習するクセが身についていればスキルの向上は期待できるので学習を積んだ上でスキャルピングに挑戦すると良いでしょう。

シストレでスキャルピングってできる?

シストレでスキャルピングをすることは機能的には可能ではあります。

とはいえ、スキャルピング的な手法をシステムで回すことには懐疑的な意見があるのも事実です。

スキャルピングはわずかなpipsを細かく抜いていく手法であるため、レバレッジを高く設定しポジションにのせるロットが厚くなる傾向があります。

つまりリスクが高い取引になるため、システムで自動売買するにはリスクが高すぎるのです。

また、システムトレードは長期運用に相性がよい取引ツールです。

画面に張り付いていなくても明らかなエントリーポイントや決済・損切りのタイミングを逃さず取引してくれるところに強みがあります。

そのため、シストレとスキャルピングはお互いの長所を相殺しかねない組み合わせになります。

機能的には可能とは言え、積極的にはおすすめできないのが現実です。

DMM FXはスキャルピングに不向き!

結論、DMM FXでスキャルピング取引をするのは避けましょう

口座凍結のリスクを背負ってまで取引するのであれば、スキャルピングが公認されているみんなのFXのような会社で取引することをおすすめします。

スキャルピングを禁止しているFX会社が超短期取引を禁止する理由も把握しておくと、FXの取引に対してより理解が深まります。

FXをする上でテクニカル分析のような値動きの学習をすることは大切ですが、それに加えて注文の流れやFX会社の背景なども大切な知識です。

長期的にFXで勝ち続けるために、学習を継続していきましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です