FXは必ず負ける?勝っている人の割合や負けた時の対処法など詳しく解説

FXなんか始めてもどうせ勝てないんでしょ?

どれくらいの割合の人が勝っているのだろう?

負けてしまったらどうしたらいい?

このような疑問を抱えてはありませんか?

確かに FX を始めて借金まみれになったという声や、勝てるわけがないと言った否定的な意見が巷では散見されます。

FXに対するこういったイメージはどこから来たのでしょうか?

今回は

  • なぜFXは必ず負けると言われてしまうのか?
  • FXで勝っている人の声
  • Xで勝ち続けるために欠かせない考え方

について解説していきます。

この記事を読めば、 FXを偏見なく理解することができ資産を運用する上で気をつけるポイントも分かるでしょう。

結論から言うと、リスクをおさえた取引を徹底し長期的に努力を積み重ねたトレーダーが勝てるようになっていくのです。

ぜひ最後までお読みください

FXは必ず負けると言われる理由は負けている人の割合が多いから

FXは必ず負けると言われる理由は負けている人の割合が多いから

FX は損をするからやめた方が良いという噂は本当でしょうか?

FX という投資方法は実際のところ、どのような立ち位置にあるのか数値的なデータを踏まえて検証していきましょう。

【なぜFXは必ず負けると言われてしまうのか?】

  • フランスの金融市場庁の調査で9割負けていることが判明
  • 株式会社RUNWAYSの調査では5割が負けている
  • FX業者が裏で操作していることはありえない

フランスの金融市場庁の調査で9割負けていることが判明

フランスの金融市場においては9割近くのトレーダーが負けているようです。

統計の取り方や国民性などによる違いもあるかもしれませんが、このような結果を見るとFXには手を出さない方が良いという感想を抱いてしまうのも仕方がありません。

では、国内においてはどうなのかを見ていきましょう。

株式会社RUNWAYSの調査では5割が負けている

日本国内の FX 経験者1,000人を対象にしたアンケートでは、5割近くのトレーダーが負けていると回答しています。

このように聞くと多いようにも感じますが、多くの負けてしまったトレーダーは負けたことが原因で1年以内にFXを辞めてしまっています。

つまり発想を変えると、リスクを抑えた取引を徹底しFXの勉強をし続けていればトレードスキルも高くなり損失を取り返していた可能性もあるわけです。

役に勝ち続けているトレーダーは数年数十年単位で取引を続けています。

つまり、長く続けることが勝ち続けるための重要な要素になっていることがわかります。

FX業者が裏で操作していることはありえない

あまりにも負けトレードが続くと FX 会社は相場を操作しているような感覚に陥る初心者の方もいらっしゃいます。

実際のところ、FX会社が為替レートを操作することはありません

厳密に言えば、FX会社の裁量で為替レートを上下させることはできないのです。

FX会社は世界の為替相場と個人投資家をつなぐ仲卸業者のような存在です。

つまり、世界市場は世界規模の資金力によって動かされているため1つのFX会社が相場を操作することは絶対にできません。

人の心理は勝ちよりも負けを過大に受け止める性質が備わっています。

この理論をプロスペクト理論といいます。

負け続けると会社や相場に対して猜疑的になってしまいがちですが、そのような時は落ち着いて自分の取引に改善点がないか見直してみましょう。

FXにおける負けてしまう割合について詳しくまとめられた記事はこちらになります。

気になる方はぜひご覧ください。

FXの負ける割合は9割?負ける人の特徴や向いている診断を紹介

FXは必ず負けるわけではない?勝っている人の声

FXは必ず負けるわけではない?勝っている人の声

ここではFXで勝っている人の声を紹介します。

FXは必ず負けるわけではなく、正しい努力を積み重ねることで勝ち続けることは可能です。

少額でコツコツ利益を積み増していくスタイルの人や専業トレーダーの人まで、さまざまな層で勝ちトレーダーは存在します。

小遣い稼ぎ感覚で勝ててる

生涯収支1億5千万円達成

FXで勝っている人だけが知っている本当の勝ち方とは?

FXで勝っている人だけが知っている本当の勝ち方とは?

FX で勝っている人達はどのように考えて取引と向き合っているのでしょうか。

ここではFXで勝つための考え方について詳しく紹介します。

【FXで勝ち続けるために欠かせない考え方】

  • 高レバレッジなど大勝ちを狙ったギャンブルをしない
  • 損小利大でトータルで負けないことを考える
  • 負けた時になぜ負けたのか分析している
  • 時間帯など取引ルールを決める
  • 現役で勝っている投資家から学んでいる
  • デモトレードでひたすら勉強
  • 通貨ペアを絞る
  • 自動売買ツールなどを上手に利用

FXの勝ち方とは?実践すれば負けにくくなる法則10選!

高レバレッジなど大勝ちを狙ったギャンブルをしない

FX初心者の人がハイレバレッジでギャンブル性の高い取引をすると大きな損失を被る可能性が高くなります。

また、ひとつのポジションに多くのロットを積み増すのも絶対に避けましょう。

FXにおいて最も大切なのはリスクヘッジです。

仮に取引で負けたとしても、生活資金を脅かさないようにすることが大切になります。

余剰資金を準備しリスクはその範囲内でとどめておくようにしましょう。

ハイレバレッジでの取引は勝ったときに大きな利益が得られる分、負けたときの損失額は非常にシビアになります。

損小利大でトータルで負けないことを考える

損小利大の考え方はリスクリワードレシオをコントロールすることにつながります。

損切りの幅と利益確定の幅を上手にコントロールすることで、勝率を高めていく必要があるのです。

リスクリワードレシオと勝率は切っても切れない関係にあります。

初心者トレーダーは勝率のみに意識が行きがちです。

しかし、本当に大切なのはリスクリワードレシオ勝率のバランスになります。

損小利大の考え方は為替取引において非常に重要な考え方です。

損失の幅よりも利益分の値幅が大きくなるように取引手法を磨いていきましょう。

負けた時になぜ負けたのか分析している

負けた取引をそのままにしておくのが最もやってはいけないことです。

損失を出してしまった取引に対してどうして負けてしまったのかを徹底的に分析する必要があります。

分析した結果、ロジックに沿った取引によって発生した負けである場合は全く問題ありません。

FXに「絶対」は無いのでロジック通りに取引をして負けてしまうことを許容するマインドの大切です。

気を付けなければならないのは、一時的にロジックを無視して感情的にトレードをして負けてしまった場合です。

損切りポイントできちんと損切りできなかったり、利益確定を急いでしまったりするのは初心者トレーダーにとってはよくあることです。

最終的に利益を上げていた売買だとしても、理想的な取引だとは限りません。

勝ち負けにとらわれることなく、ロジックに対して整合性が取れているかという視点で過去の取引を分析しましょう

時間帯など取引ルールを決める

自分の中の取引で時間帯をしまっておくことが大切です。

同じ通貨ペアでも時間帯によってはボラティリティが大きく変わることがあります。

これは世界で開かれている市場の違いであり、特にニューヨーク市場やヨーロッパ市場が開く深夜の時間帯においてはボラティリティが大きくなりがちです。

トレンド相場を狙うのであればボラティリティが大きい時間帯で取引すると良いでしょう。

自分の取引スタイルやのロジックに合った相場環境で分析スキルを高めていくようにしましょう。

現役で勝っている投資家から学んでいる

すでに勝ち続けているトレーダーからFXに対する姿勢を学ぶことは非常に効果的です。

どんな事柄においてもそうですが、その高いメンターと出会えるとその後の成長が早くなります。

1つ注意するべきポイントとしては、「営業的要素があるか否か」です。

中には勝ちトレーダーを装って多額のセミナーに参加させたりする悪徳業者も存在します。

そういった制限に引っかからないためにも、ある程度自分自身で FX の知識を身につけておくことが必要です。

ある程度のことを理解しておけば、おかしな情報に惑わされることがありません。

理想的なメンターを見つけたら、最初は真似から始めていって少しずつ自分なりにアレンジをしていくとよいでしょう。

勝ちトレーダーはそれぞれが自分の中での勝ちパターンを確立させているものです。

デモトレードでひたすら勉強

初心者トレーダーはデモトレードから取引に慣れていくことはおすすめの学習方法です。

デモトレードでは、自分の資金をかけることなくバーチャルな資産を取引できます。

デモトレードは緊張感が足りなくなるという傾向がありますが、それ以外は本番の環境と変わりありません

目指すべきはデモトレードと同じようなメンタリティで本番のトレードの行うことです。

身銭を切っているため、本番のトレードではどうしても精神的に不安定になってしまう場面は訪れます。

本番のトレードする前にデモトレードで取引の環境に慣れておくことで、取引が思うようにいかなくなった局面でも冷静に対応できるようになります。

通貨ペアを絞る

初心者の頃は通貨ペアを絞って取引するとよいでしょう。

通貨ペアによって値動きの仕方にクセがあります。

初心者のうちにいろいろな通貨ペアで取引してしまうと、それぞれの通貨ペアの値動きのクセに対応できず成長スピードが遅くなってしまうのです。

取引を始めて間もない頃は米/ドル円などの主要通貨ペアに絞って経験を積んでいくと良いでしょう。

自動売買ツールなどを上手に利用

取引に慣れてきたら自動売買ツールなどを活用するのも1つの選択肢です。

自動売買ツールを使うときは、国内FX会社が提供しているものを用いるようにしましょう。

市販のものも存在しますが詐欺に引っかかる可能性も高いため、最初は FX 会社提供のツールを使う事をおすすめします。

自動売買ツールを上手に活用できるようになれば、寝ている間も自動で売買をして資金を運用してくれます。

もちろん確実に勝つ保証がないため損をすることもありますが、相場環境とツールのストラテジーがマッチすれば安定して利益を積み上げてくれるでしょう。

FX で勝てるようになるために気を付けるべきことについては、こちらの記事に詳しくまとめられているので気になる方はご覧ください。

FXで勝てるようになるには?きっかけやかかる年数・金額など解説

FXは必ず負ける訳ではない!コツコツ利益を積み上げよう

FXは必ず負ける訳ではない!コツコツ利益を積み上げよう

FX を始めると必ず負けるということはありません。

反対に考えると確実に勝てるというわけでもありません。

つまり、トレーダーそれぞれの学習の積み上げ方や投資に対する正しい考え方を採用することが最も大切なポイントになります。

大きく勝とうとするのではなく、大きく負けないようにするマインドは欠かせません。

大きく負けさえしなければ一発退場につながることもないので、長くFXの取引を続けられます。

長期的にFXに携わったトレーダーが勝ちトレーダーになっていくのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です