楽天銀行FXの評判は悪い?スプレッドやスキャルピング・MT4についても解説

楽天銀行FXの評判はどうなの?

他のFX会社と比べて使いやすい?

このような疑問をお抱えではありませんか?

さまざまなサービスを打ち出している楽天グループのサービスの一環として楽天銀行FXがどれほど優れたFX会社なのか気になりますよね。

今回は

  • 楽天銀行FXに対する悪い評判と良い評判
  • 楽天銀行FXの基本情報
  • 楽天銀行FXに関するよくある質問

などについて詳しく紹介します。

ぜひ最後までお読みください。

まだ登録してない人はこちら…

楽天銀行 fx

「楽天銀行 FX」は、FXの取引が初心者の方でも安心して取り組めるような充実なポートを行なっています。

バーチャルトレードアプリで無料で取引を試すことも可能なので、実際にいきなりやるのは不安だという方でも利用できます。

まだ登録してない方はまず登録をしておきましょう!

楽天銀行FXの口座開設に関する悪い評判

楽天銀行FXの口座開設に関する悪い評判

楽天銀行FXで取引を始めるにあたって、悪い噂は気になりますよね。

ここでは、楽天銀行FXの口座開設にまつわる悪い評判について解説します。

楽天銀行FXと楽天証券FXの違いがわかりにくい

楽天グループのサービスはかなりの種類があるため、どのサービスを利用しているのか区別しておきましょう。

特に楽天銀行FXと楽天証券FXは異なるサービスであるため、混同してしまいがちです。

システムが落ちることがある

システムが不安定という声が挙がっています。

楽天銀行FXを利用するのであればシステムが安定しているFX会社と併用した方が安心して利用できるでしょう。

スプレッドがちょっと広い

楽天銀行のスプレッド幅の広さを指摘する声が挙がっています。

各社スプレッドの競争が激化しているため短期売買を主戦場にしているトレーダーは不便に感じる可能性があります。

楽天銀行FXの口座開設に関する良い評判

楽天銀行FXの口座開設に関する良い評判

楽天銀行FXに関する良い評判も紹介します。

楽天グループはFX以外にもさまざまなサービスを展開しているため、他のサービスとの連携の良さが楽天銀行FXの持ち味でもあります。

バーチャルトレードアプリが面白い

FXを楽しく学ぶ仕掛けが施されています。

初心者にとっては楽しく専門知識が学べる環境が整えられていることは大きなメリットになるでしょう。

楽天証券FXの別口座としても使える

楽天銀行FXと楽天証券FXは別会社であるため、口座の使い分けができて便利という声も挙がっています。

社名が似ているためまぎらわしいという声も挙がっていましたが、口座の使い分けには役に立っているようです。

2社のシステムも同じであるため楽天のシステムに慣れた方は、楽天銀行FXと楽天証券FXの両方に口座を作るのも良いでしょう。

楽天の銀行口座に直結できるので楽

楽天銀行を持っている方は楽天銀行FXで取引することをおすすめします。

同じ楽天グループ傘下のサービスを使うことで、送金や入金の手続きのわずらわしさから解放されます。

楽天銀行FXの基本情報

楽天銀行FXの基本情報

楽天銀行FXにはどのような特徴があるのでしょうか?

ここでは、楽天銀行FXの基本情報を他社との比較を交えつつ紹介していきます。

【楽天銀行FXの特徴】

  • スプレッドは他社と比較して広め
  • 通貨ペアは26種類
  • 高スワップが期待できる通貨ペアも用意
  • 楽天銀行のFXデモトレードは使いやすい!
  • 1,000通貨から取引が可能
  • 楽天銀行の口座開設が必要
  • 楽天銀行と24時間連携できる

スプレッドは通貨によっては狭い

最狭水準を提示するFX会社と比較すると、楽天銀行FXのスプレッドは広めになります。

例えば米ドル円の場合、楽天銀行FXは0.3銭であるのに対しその他のFX会社は0.2銭が一般的になっています。

このことから、売買の回数が多い取引スタイルのトレーダーはコストがかさみやすくなります。

つまり、デイトレードなどの比較的短いスパンの取引よりは長期取引の方が向いているサービスだと言えるでしょう。

通貨ペアは26種類

通過ペアは26種類で主要な通過ペアは網羅されています。

種類の多さを売りにしているFX会社には及びませんが、初心者トレーダーにとっては不自由なく取引できるだけの取りそろえがあります。

マイナー通過ペアはボラティリティが大きい物が多く、取引に慣れていない段階で手を付けるとリスクが高いトレードになりがちです。

まずは、米ドル円などの比較的値動きが安定した通過ペアで取引するのが良いでしょう。

高スワップが期待できる通貨ペアも用意

高いスワップポイントが狙える通貨として代表的なものは

  • 南アフリカランド/円
  • メキシコペソ/円
  • トルコリラ/円

の3種類です。

楽天銀行FXはこれら3種の通過ペアを取りそろえています。

スワップポイント狙いの長期取引口座としても使えます。

楽天銀行のFXデモトレードは使いやすい!

楽天銀行は楽しくFXを学べるデモトレードアプリも提供しています。

本番と同じ取引ツールでデモトレードを楽しめるため、リスク0でFXの取引を体験できます。

またスタディ機能もあるためチャートの見方やテクニカル分析についても詳しく学べます。

また、トレード成績上位のユーザーには現金をプレゼントする月間トレードランキングも開催されています。

他のトレーダーと切磋琢磨することで、取引スキルを磨いていきましょう。

デモトレードのついて詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

FXのデモトレードは登録なしでも無料でできる?本番との違いも解説

1,000通貨から取引が可能

1,000通貨単位から取引可能な点も初心者トレーダーに取っては嬉しいポイントです。

一般的には10,000通貨単位で設定されていることが多く、初期費用が多くかかってしまうという問題点があります。

レバレッジを高めに設定すれば少額でも取引は始められますが、リスクの高い取引になりかねません。

そこで、1,000通貨単位でも取引できる楽天銀行FXを用いることで10万円前後の入金でもリスクをおさえた取引が可能になります。

もちろん、経験を積んで取引で利益が上げられるようになれば10,000通貨単位で本格的に取引をするのも良いでしょう。

ただ、FXを始めたばかりのころは取引額を抑えてトレードすることをおすすめします。

楽天銀行の口座開設が必要

ハッピープログラム 使わないなんてもったいない!ハッピープログラムにエントリーするだけで楽天ポイントの獲得倍率が最大3倍!ATM手数料が最大7回/月、振込み手数料が最大3回/月無料に!

(引用:https://www.rakuten-bank.co.jp/happyprogram/#anchor-03

楽天銀行FXで取引するのであれば、楽天銀行の口座を開設する必要があります。

楽天銀行はFXのやりとりだけではなく日頃の生活に使う口座としても大変使い心地が良いです。

ATM手数料も口座残高によって手数料無料で使うことが可能です。

回数制限はあるものの、上手に活用すれば手数料フリーの生活を送れます。

楽天銀行FXを始める方で楽天銀行の口座をお持ちでない方は、ぜひ一度口座を開設することをおすすめします。

楽天銀行と24時間連携できる

楽天銀行で口座を開設すれば楽天銀行FXの口座に24時間連携できます。

一般的なFX会社では外部銀行と紐付いているため、対応時間などがまちまちになっていることがあります。

それに対して楽天銀行FXは24時間連携ができるのでとても使い勝手が良くなっています。

楽天銀行FXの取引ツールは?

楽天銀行FXの取引ツールは?

楽天銀行FXで利用できる取引ツールについて紹介します。

それぞれのツールに強みがあるため、ご自身の取引スタイルに合ったツールを選択して活用しましょう。

PCインストール型ツール!MARKET SPEED

マルチパネルにも対応し、究極のFXトレード環境を実現

(引用:https://www.rakuten-bank.co.jp/assets/fx/otcfx/channel/MarketSpeedFX/#tab-promotion-04

MARKET SPEEDはPCで使える取引ツールです。

特徴として以下の3つがあります。

  • 24通過ペアに対応したレートパネル
  • 40種のテクニカルチャートに対応
  • マルチパネル対応

PC上で取引できるツールであるため、チャートの一覧性に特化したツールになります。

スマホ用アプリ!iSPEED

FXトレードに必要な機能をスマホサイズに凝縮 チャートを見ながら即発注 新・楽天銀行FX powered by iSPEED(利用料無料!)

(引用:https://www.rakuten-bank.co.jp/assets/fx/otcfx/channel/ispeedfx/

iSPEEDはスマートフォンでFXの取引ができるアプリです。

特徴としては以下の4つが挙げられます。

  • トレードに必要な情報をスマホの画面1枚に凝縮
  • マーケット情報が即座に手に入る
  • タイミングを逃さないスピーディー発注
  • 外出先でも確認できるポジション管理画面

場所を選ばずFX取引に参加できる点が最大のメリットだと言えます。

ブラウザ型ツール!新・楽天銀行FX-WEB

(引用:https://www.rakuten-bank.co.jp/assets/fx/otcfx/channel/#anchor-01

FX-WEBはブラウザ上で取引できるツールです。

特徴としては以下の3つです。

  • ドラッグアンドドロップで自在にレイアウト
  • 約35種のテクニカルチャートに対応
  • 入出金履歴の閲覧

ブラウザ型であるため、ダウンロードせずに取引できるシステムになります。

楽天銀行FXに関するよくある質問

楽天銀行FXに関するよくある質問

楽天銀行FXに関して寄せられる疑問の中で代表的な物をピックアップしました。

取引ツールや口座開設などさまざまな視点の質問に回答しました。

【楽天銀行FXに関する質問 5選】

  • 楽天銀行FXでMT4の使用はできる?
  • 楽天銀行FXで1,000通貨の取引をする場合いくら必要?
  • 楽天銀行FXでスキャルピングはできる?
  • 楽天銀行FXはスプレッドが広がるってほんと?
  • 楽天銀行FXでは口座開設できないこともある?

楽天銀行FXでMT4の使用はできる?

楽天銀行FXでMT4を使用したいのであれば、楽天MT4口座を開設しなければなりません。

ただ、楽天MT4口座は楽天銀行FXではなく楽天証券FXが管理する口座です。

楽天銀行FXの口座ではないことはおさえておきましょう。

MT4口座を開設することで自動売買が可能になります。

楽天グループのサービスで自動売買をしたい方は楽天証券FXが運営する楽天MT4口座を開設しましょう。

楽天銀行FXで1,000通貨の取引をする場合いくら必要?

1,000通貨単位で必要になる初期投資額は通過ペアやレバレッジによって大きく異なります。

例えば、米ドル/円の相場が100円だった場合、1,000通貨単位の取引をすると1,000ドル購入することになり、最高でも10万円が必要になります。

これにレバレッジをかけるとより低い額でも取引可能です。

仮にレバレッジを最大の25倍までかけると理論上4,000円の証拠金で取引可能です。

FXは株式投資と比べても低額の予算で算入できる投資方法になります。

特に最低取引通貨単位が1,000通貨単位の場合、投資額は10万円程度で算入できるためおすすめです。

楽天銀行FXでスキャルピングはできる?

結論から言うと、できないと考えて問題ありません。

以下、店頭外国為替証拠金取引規定の抜粋です。

26.(お客さまの禁止行為)

1.お客さまは、本取引において次の各号のいずれかに掲げる行為を行ってはならないものとします。

(中略)

(5)短時間での注文を繰り返し行う行為

(引用:店頭外国為替証拠金取引規定(新・楽天銀行FX取引規定)

この、短時間での注文を繰り返し行う行為は一般的にはスキャルピングと呼ばれます。

スキャルピングのように数秒から数分以内にエントリーと決済を繰り返す取引はサーバーに負荷がかかる可能性があるため、禁止しているFX会社が多いです。

もし、スキャルピングの取引を行うのであれば、楽天銀行FX以外の会社で行いましょう。

スキャルピングについて詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

DMM FXはスキャルピング非推奨!口座凍結の可能性や他の業者も解説

楽天銀行FXはスプレッドが広がるってほんと?

スプレッドは指標発表時や早朝において広がる可能性があります。

この性質は楽天銀行FXのみならず全てのFX会社に言えることです。

楽天銀行FXでは口座開設できないこともある?

FX会社が口座開設時に行う審査に通過しなければ、口座を開設できません。

審査に通過するために必要なポイントについては各社公表はしていませんが、保有資産の額が大切になるのは確かです。

審査に通るか不安な方はFXの口座開設の審査についてまとめられた以下の記事をご覧ください。

FXの口座開設の審査落ちの原因は?落ちる理由や落ちた後の対処法を解説

楽天銀行FXの口座開設キャンペーンは?

楽天銀行FXの口座開設キャンペーンは?

楽天銀行FXの口座開設キャンペーンについて解説します。

口座開設以外にも、期間ごとにさまざまなキャンペーンを打ち出しているため見逃さないように注意しましょう。

100万通貨取引ごとに100円もらえる

対象期間中にプログラムにエントリーし合計で100万通貨以上の取引をすれば、100万通貨の取引毎に100円が進呈されます。

デモトレードの月間トレード上位者に現金プレゼント

月間トレードランキングの上位入賞者にはもれなく現金プレゼント!現金プレゼントは毎月開催!何度でもチャレンジできます 1位のかたにはなんと現金1,500円 ※現金プレゼントの受取には、手続き専用ログイン画面から楽天銀行口座へのログインが必要です

(引用:https://www.rakuten-bank.co.jp/smartphone/assets/fx/vrtapp/rank_present.html

デモトレードの月間ランキング上位300名に現金がプレゼントされます。

1位が1,500円、2位が1,200円、3位が1,000円となっています。

現金獲得に向けてトレードスキルを磨いていくことで楽しくFX取引を学べます。

楽天銀行FXの口座開設方法

楽天銀行FXの口座開設方法

楽天銀行FXの口座開設方法について解説します。

基本的に各社口座開設のやり方に大きな違いは無いので、始めて口座開設する方は一連の流れをおさえてしまいましょう。

【口座開設の流れ】

  1. 公式HPの口座開設ページにアクセスする
  2. お客様カードの入力
  3. FX用メールとマイナンバー確認書類の送付方法を選択
  4. 規約を確認し申込むボタンを押す
  5. マイナンバー情報を提供

公式HPの口座開設ページにアクセスする

楽天銀行の公式HPにアクセスしましょう。

こちらからもアクセスできます→楽天銀行の公式HP

そこから楽天銀行にログインしてください。

楽天銀行の口座をお持ちでない方は、先に楽天銀行の口座開設が必要になります。

楽天銀行のログイン画面はこちらです。

お客様カードの入力

口座開設前の場合、「口座開設ボタン」が表示されます。

(引用:https://www.rakuten-bank.co.jp/assets/fx/otcfx/guide/account.html

次にお客様カードを入力します。

お客様カードとは、投資経験や金融資産・年収を入力する欄です。

審査に影響する項目にはなりますが、虚偽の報告をするのは絶対にやめましょう

FX用メールとマイナンバー確認書類の送付方法を選択

メールアドレスの登録とマイナンバー確認書類の送付方法の選択を行います。

マイナンバーカードの送信方法はアプリを選択するのがおすすめです。

アプリで提出することで、手続きが楽になり最短翌営業日から開設できます。

規約を確認し申込むボタンを押す

規約を確認して、申し込みを確定させましょう。

マイナンバー情報を提供

マイナンバー情報はアプリで提出するのがおすすめです。

楽天銀行アプリでログイン前の画面からマイナンバー情報を提出できます。

楽天銀行FX以外の会社も郵送でのやりとりは少なくなってきているため、今後はネットを通じた情報のやりとりが主流になります。

楽天信託FXファンドの利用もできる?

楽天信託FXファンドの利用について紹介します。

楽天グループはFXのみならずさまざまなサービスを打ち出しています。

それらのサービスを総合的に使えるようにするためにも、楽天銀行の口座開設するのがおすすめです。

楽天銀行口座を持っていれば申し込み可能

楽天信託ファンドも楽天銀行の口座があれば利用可能です。

楽天銀行のアカウントを持っておけば、ありとあらゆる楽天のサービスが受けられるため1つ口座を持っておくことは大きなメリットになるでしょう。

楽天信託FXファンドの口コミは?

楽天銀行FXはデモトレードや口座連携が高評価

楽天銀行FXはデモトレードや口座連携が高評価

楽天銀行FXの強みとしてはデモトレードや楽天銀行口座との連携の良さにあります。

スプレッドなどの取引面においては競合他社に先を越されている部分はあるものの、楽天グループのサービスの一貫として用いると使い勝手が良くなりそうです。

気になる方は、楽天銀行の口座を開設し楽天銀行FXで取引を始めてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です