【出金拒否】ザオプションで稼ぎすぎると口座凍結する?凍結されないための知識

ザオプションはハイローオーストラリアの次に人気があるバイナリーオプション業者です。

そしてTwitterや口コミサイトなどではザオプションを使って短時間で多く稼ぎすぎると、口座凍結する場合があるとかないとか噂が多いです。

ザオプションの口座が凍結するとサポートからメールが来ます。しかしそのメールには「口座凍結」の理由は詳しくのっていないです。

その他の原因で口座が凍結する場合もありますので、最低限は凍結されないための知識を身につけましょう。

< この記事で分かる2つのポイント >

  1. ザオプション(theoption)の口座凍結理由がわかる!
  2. ザオプション(theoption)口座凍結しないための方法を知れる!
からの申し込みで
最大22,000円+特別特典が貰える!

ザオプションで口座開設する

※ 当サイト限定特典の詳細はこちらから確認!

ザオプションの口座が凍結すると何が変わる?

ザオプションで口座が凍結されると、どんな影響を出しているのか気になる人は多いと思います。

ザオプションで口座凍結されてしまうと、以下のいずれかもしくは複数の制限がかかってしまいます。

制限の例

  1. 取引が制限される
  2. 利益は没収される
  3. 入金できなくなる
  4. 出金時に10%引かれる

ザオプションは一度口座凍結されると、多くの制限がかかってしまうので注意が必要です。

それぞれの制限内容について、詳しく解説します。

取引が制限される

口座凍結をされると、取引が出来なくなるか、1度の取引上限額の制限がかかります。

できなくなったことで気づく人も多いです。取引ができなくなってしまうと、利益をあげるチャンスを逃してしまうことにつながります。

機会損失が発生してしまい、得られるはずだった利益を得られなくなるので注意が必要です。

稼いだ利益は没収される

ザオプションでは口座凍結されると利益が全額没収されてしまいます。

たとえば100万円の資金で取引しており、口座凍結前まで50万円の利益をあげていたとしましょう。このときに50万円の利益が全額なくなってしまうのです。

どれだけ利益をあげていても、口座凍結によってなくなってしまいます。今まで取引に使っていた時間も無駄になってしまうので、十分に注意しましょう。

入金できなくなる

ザオプションでは口座凍結されると、口座に新たな資金を入金ができなくなります。

いざという時のために口座の資金を増やせないのは不便です。

用意していた資金を入金しようとしても、手続きできないので注意してください。

そもそも口座凍結したら、入金しようとは思わないですよね。

出金時に10%引かれる

ザオプションでは口座凍結されても、出金はできます。ただし、出金時に金額の10%を手数料として支払わなければならないので注意してください。

口座凍結されたからといって、慌てて出金すると、結果的に10%の損失が確定してしまうことになります。中にはまとまった金額で出金する人もいるでしょう。

しかし、その分だけ手数料の金額も増えるので、出金は口座凍結が解除されたからにしてください。

口座凍結を解消するには、ザオプションと連絡をとったり時間や手間がかかるので、さっさと残りの資金を移したい人は、10%を引かれても出金した方が良いでしょう。

からの申し込みで
最大22,000円+特別特典が貰える!

ザオプションで口座開設する

※ 当サイト限定特典の詳細はこちらから確認!

ザオプションの口座が凍結する事例を紹介

ここからはザオプションの口座が凍結してしまう事例を紹介します。

ザオプションでは短期間で稼ぎすぎた場合だけでなく、以下のケースでも口座凍結されるので注意が必要です。

口座凍結事例

  1. 不正な取引をする
  2. 複数の口座を開設したとき
  3. 本人確認の書類がなりすまし
  4. 入金額が異常に多いのに取引量が少ない

いずれかの条件に該当してしまうと口座凍結のリスクがあります。以下でそれぞれ解説するので、条件を把握して凍結リスクを回避しましょう。

不正な取引をする

ザオプションでは、以下の取引をすると不正と判断される可能性があります。

不正事例

  1. レートの遅延行為
  2. システムの乱用を狙った自動売買ツール
  3. 短期間での利益の出しすぎ
  4. マネーロンダリング

バイナリーオプション初心者の方には、よくわからないと思いますが重要なことなので覚えておく必要があります!以下でそれぞれ解説します。

レートの遅延行為

バイナリーオプションで取引していると、業者側が提示したいレートがサーバーやネットワークの障害により表示されないことがあります。

この状況がレートの遅延であり、こういった状況を意図的に作り出すことをザオプションは禁止しているのです。

ただし、トレーダーが意図していなくても、サーバーやネットワークに問題が生じるケースはあります。こうした状況で、たまたま取引してしまった場合は凍結にはなりません。

システムの乱用を狙った自動売買ツール

自動売買ツールは特定のプログラムのもと、条件に応じた取引を自動的に行ってくれるツールです。

トレーダーの中には時間の節約などの理由から、自動売買ツールを使う人も多くいます。しかし、ザオプションでは自動売買ツールの利用は禁止されているので注意してください。

ザオプションで自動売買ツールが使用禁止の理由は、はっきりとしていません。

推測されるのは、自動売買ツールを多くのトレーダーが使うことによってサーバーに負荷がかかるのを防ぐためという理由です。

短期間での利益の出しすぎ

また、凍結されたトレーダーの中には稼ぎすぎが理由ではないかという声もあります。

これは、短期間で利益を出したユーザーがSNSなどで拡散した情報です。しかし、ザオプションは稼ぎすぎを理由として凍結するとは言っていません。

実際、稼ぎすぎで凍結してしまったと思っても、他の規約違反による凍結である場合がほとんどです。ザオプションでは、稼ぎすぎによる凍結は基本的にないので安心してください。

ただし、フロントランニング取引は口座凍結の対象になる可能性があります。

フロントランニング取引とは、事前に大きな取引の情報を得て、その取引に合わせて確実に利益が出る取引を行おうとする行為です。

フロントランニング取引はインサイダー取引に近く、違法となる可能性が高いので絶対に行わないようにしましょう。

マネーロンダリング

マネーロンダリングとは、違法に得たお金を口座に入金することで行政による摘発や差押えを防ぐことを目的とした行為です。

ザオプション側から、マネーロンダリングを疑われてしまうと凍結のリスクがあります。

マネーロンダリングを実際にしたつもりがなくても、ザオプション側から疑われれば口座凍結され、全ての取引や入出金ができなくなります。

具体的には、無意味に入出金を繰り返すなど、普通の取引ではしないことです。

複数の口座を開設した時

ザオプションに限らず、多くのバイナリーオプション業者では、1人につき口座は1つまでと決められています。

複数口座の保有は、資金管理の面や取引手法ごとにアカウントを分けるなどがメリットです。

しかし、ザオプションでは複数の口座の開設は認められていません。複数口座の開設は、前述したマネーロンダリングを疑われる場合もあります。

そのため、口座は2つ以上開設しないようにしましょう。もし複数口座を開設したい場合は、ハイローオーストラリアなど、違うバイナリーオプション業者で口座開設しましょう。

本人確認の書類がなりすまし

本人確認の書類を提出する際に他人のものを使うのも口座凍結の原因です。そもそも、こうした身分証明書などは他人のものを使うことで、法律で罰せられてしまいます。

本人確認の書類になりすましを利用するのは、絶対にやめましょう。中には、本人確認の書類が用意できず、家族のものを使ってしまうこともあるかもしれません。

しかし、口座凍結になってしまうと、利益がなくなったり入出金がしにくくなったりしてしまいます。口座開設時の本人確認書類は、必ず自分のものを使用してください。

入金額が異常に多いのに取引量が少ない

取引額に対して、入金額が異常に多い場合も口座凍結されることがあります。これはマネーロンダリングを疑われることが原因です。

ザオプションの最低取引額は1,000円ですが、この金額で取引しているのに、入金額が100万円もあったら不自然に感じられます。

また、ザオプションはクレジットカードでの入金も可能です。しかし、クレジットカードでの入金を乱用していると、マネーロンダリングを疑われてしまいます。

ザオプションへの入金は、必要な金額だけできる限り少ない回数で行いましょう。

からの申し込みで
最大22,000円+特別特典が貰える!

ザオプションで口座開設する

※ 当サイト限定特典の詳細はこちらから確認!

ザオプションに口座凍結にされないための対策

ここまでザオプションで口座凍結される理由を解説しました。ザオプションでは、様々な理由で口座凍結される可能性があるので注意が必要です。

そのため、中には口座凍結の要因を把握できず、意図しない凍結を受けてしまう人もいます。

そこでここからは、ザオプションで口座凍結されない対策を解説します。その対策は以下の通りです。

対策のために

  1. 純粋なトレードをする
  2. 少額入金を心がける
  3. 名義を借りたりしない
  4. 配信グループだけに頼らない

これらの対策を実践することで、凍結のリスクを回避し、安心して取引に専念できます。それぞれ以下で解説するので、ご覧ください。

純粋なトレードをする

純粋なトレードとは、自分の知識や経験を活かして情報収集をして、自分なりのトレードをすることです。そうなると取引にオリジナリティが出てくるので、口座凍結の可能性を避けられます。

反対に凍結につながりやすいトレードは、人気のトレード手法をマネすることや自動売買ツールの利用です。

人気のトレード手法をマネすると勝率は上がる可能性があります。しかし、そういった手法は多くの人が行うため、同じポイントに取引が集中しがちです。

同じポイントでの取引が繰り返されると、運営に集団取引を疑われてしまいます。そのため、できる限り自分なりの手法を確立しましょう。

また、自動売買ツールも規約により禁止されているので、利用しないでください。

自動売買ツールはSNS上でも勧誘されていますが、利用しても利益をあげられる保証はなく、口座凍結のリスクは高まってしまいます。

人気のトレード手法や自動売買ツールは楽に儲けられるような気がして、つい使いたくなってしまうものです。

しかし、ザオプションでは規約で禁止されているので、自分を信じて純粋なトレードをするように心がけてください。

少額入金を心がける

ザオプションでは取引金額に対して、入金額が過剰に多いとマネーロンダリングを疑われて口座凍結されることがあります。これを避けるには、入金額は少額かつ取引に使う分のみに限定することが重要です。

たとえば取引に10万円しか使わないのに、100万円も入金しているのは不自然に感じられます。また、使わない資金を何度も繰り返し入金するのも疑われる原因です。

また、入金の度にクレジットカードを乱用するのも、マネーロンダリングを疑われるので避けましょう。

ザオプションで口座に入金する際は、必要な金額を少ない回数で入金するようにしてください。

名義を借りたりしない

口座開設時に他人の名義を借りるのは口座凍結だけでなく、犯罪となってしまう可能性もあるので避けてください。

中には本人確認の書類を用意できず、つい家族の名義を使ってしまうなどのケースもあるでしょう。

しかし、他人の名義を借りる行為はザオプション側から見れば、なりすまし行為に見えてしまいます。口座凍結のリスクが高まるだけで、メリットはないので絶対にしないでください。

もし本人確認書類が用意できない場合、用意できる状況になってから口座開設をしましょう。

配信グループだけに頼らない

ザオプションで口座凍結を避けるためには、配信グループの予想に頼った取引をしないことも重要です。

配信グループは、LINEなどのツールでトレーダーたちがグループとして集まります。そこでは配信者によるチャート予想が配信され、グループ内のトレーダーはその予想に基づいた取引をする仕組みです。

配信グループでは、配信者の予想にしたがって取引すれば利益を得られるので、取引にかかる時間的コストを減らせます。

こうした配信グループは、TwitterやインスタグラムなどのSNSで宣伝されていて、QRコードなどで誰でも簡単に参加可能です。

中には無料で参加できるものもあり、そこでの配信にしたがって利益をあげられるのは効率的なので、つい頼ってしまいます。

しかし、頼りすぎるとグループ全体の取引が集団取引とみなされてしまうのがリスクです。

また、配信グループに頼りすぎた取引をしても、自分でチャートを予想する能力はほとんど上がりません。

自分の実力で取引して、利益をあげられるようにするためには配信グループだけでなく、様々な方法で情報収集しましょう。

そうすることで口座凍結のリスクを避けられるだけでなく、自分なりの取引手法を見つけられます。

ザオプションに身に覚えなく口座凍結されたら?

もし不正な取引をしていなくても、口座が凍結される場合もあります。すぐにサポートに連絡しましょう。

口座解除には、ザオプションに連絡することが必要です。メールまたはチャットで連絡することができます。サポートの対応時間は平日の16時から23時となっております。

ただ一度口座凍結すると、解除するのは厳しいかもしれません。そうならない為は、上記で紹介した対策をしっかり確認する必要があります。

自動売買ツールの販売をしている業者は、言葉巧みに「簡単に稼げるから」とか「口座凍結にならない」と伝えてくるかもしれません。

また口座凍結してしまったら他のバイナリーオプション業者に乗り換えることもおすすめです。ザオプションと同じくらい人気なのがハイローオーストラリアです。

ハイローオーストラリアなら口座凍結にならないの?と思うかもしれませんが、ハイローオーストラリアも口座凍結するリスクはあります。

ザオプション口座凍結についてのまとめ

ここまでザオプションの口座凍結について、短期間で利益を出しすぎると口座凍結するのか解説しました。

ザオプションでは、短期間で利益を出しすぎたからといって、凍結される可能性はほとんどありません。

ネット上の口コミでは、短期で利益をあげたために凍結されてしまったとの声もありますが、実際は他の規約に違反していた可能性が高いです。

ザオプションで口座凍結される原因には、フロントランニング取引などの不正な取引、複数口座の開設、本人確認書類のなりすまし、取引額に対して入金額が大きすぎるといったものがあげられます。

これらの行為をしてしまうと、口座凍結のリスクがあります。凍結を避けるには、必要な金額のみ入金して、純粋なトレードを心がけましょう。

他人の名義を借りたり、配信グループや自動売買ツールだけに頼らなければ、凍結の可能性はほとんどありません。

万が一、稼ぎすぎによって凍結されたのであれば、ザオプション以外のバイナリー業者の利用も検討してください。

ハイローオーストラリアなどの大きな業者であれば、稼ぎすぎと判断されにくくなる可能性が高いです。

からの申し込みで
最大22,000円+特別特典が貰える!

ザオプションで口座開設する

※ 当サイト限定特典の詳細はこちらから確認!