XMのMT4ダウンロード方法とインジケーターの表示方法を解説

今回は海外のFX取引業者であるXMTradingでMT4(Metatrader 4)をダウンロードする方法・MT4でインジケーターを設定する方法について説明していきます。

まずは各デバイスごとのXMTrading MT4のダウンロード方法を解説します。

Windows対応MT4のダウンロード

①公式ホームページからダウンロードリンクをクリックします。

②設定ウィンドウがポップアップ表示されるので、ファイルを保存するをクリックしてファイルをダウンロードフォルダに保存します。

③実行ファイルをダブルクリックします。

④「お客様ターミナルウィンドウ」がポップアップ表示されます。

ライセンスに同意して続行します。

⑤これでインストールが完了しました。

⑥デスクトップの「XMTrading MT4」のアイコンをダブルクリックすることで起動できます。

Mac対応MT4のダウンロード

①公式ホームページからダウンロードリンクをクリックします。

②展開したあとXMのファイルをApplicationsフォルダにドラッグします。

③Applicationsフォルダへのコピーが完了したら、ApplicationsフォルダからXMTrading MT4を開きます。

(下の画像が出てきて開けない場合)

システム環境設定⇒セキュリティーとプライバシー⇒一般タブ

に進み、「ダウンロードしたアプリケーションの実行許可」で「すべてのアプリケーションを許可」にチェックしてください。

iPhone対応MT4のダウンロード

①公式ホームページのAppStoreのアイコンをタップします。

②MetaTrader4.通貨市場を入手します。

MT4でインジケーターを出す方法

MT4のダウンロードが終わったら、いよいよMT4を使ってチャート分析が可能となります。

そこで、チャート分析に欠かせないインジケーターをチャート上に出す方法を説明します。

①画面左上の「挿入(I)」をクリックします。

②「インジケータ」にカーソルを合わせると、右側にインジケータ一覧が表示されます。

一覧から表示したいインジケーターを選択してください。

インジケーターの設定方法

ここからは移動平均線を例にインジケーターの設定方法を説明していきます。

①移動平均線(Moving Average)をクリックする。

②詳細設定の画面が表示されます。

③期間、移動平均線の種類(単純移動平均線、指数平滑移動平均線など)、移動平均線のカラー、線の種類(点線、実線など)、線の太さといった各項目を設定できます。

④ここでは、期間を200に、移動平均線の種類を指数平滑移動平均線(Exponential)に、線のカラーを赤にしてみます。

⑤各項目を変更して「OK」をクリックすると、以下のように変更できます。

描写ツールの使い方

インジケーターのほかにも水平線、トレンドラインなどを簡単に描写できるのがMT4の魅力です。

ここではトレンドラインの描写方法を解説します。

①画面左上の「挿入」をクリックし、「ライン」にカーソルを合わせると、水平線やトレンドラインなどが選択できます。

「トレンドライン」を選択します。

②起点となる場所を一度クリックするとラインが表示されるので、カーソルを上下に動かして角度を調整してください。

角度が決まったら、画面上を一度クリックしてください。

これでトレンドラインが確定されました。

(描写を削除する場合はラインをダブルクリックしてください。)

まとめ

今回はMT4のダウンロードから設定方法までを説明しました。チャート分析を行う上ではMT4は大変便利で、皆さんに使用をおすすめできるソフトです。

ぜひこの機会にダウンロードしてみてください。

XM公式サイトはこちら]]>